« October 2005 | Main | December 2005 »

一生モノの買い物

今週は耐震強度の偽造というニュースが巷を騒がせました。この事件に関して私は3つの言いたいことがあります。
まずは、当の構造計算書を偽造した犯人、姉歯秀次。まるで他人事のようにインタビューに答えてますね。なんなんでしょうこの人は? わかっててやってるんだから(大量)殺人未遂で逮捕してもいいのではないだろうか。てか、誰か刺しちゃってくださいw。なんで未だに逮捕されないのでしょうねぃ。ホントこやつのインタビュー姿を見ているとムカついてきます。今から市川行ったろか? ちょっと話がずれますが、以前幼児を虐待したベビーシッターが地元住民にリンチにあっている海外のニュースを見たことがあるのですが、そういうのもアリかなと思うようになってきましたよ。今回の姉歯秀次のような悪いことをしてもなにも感じないヤツには被害者達からリンチされても法的にお咎め無しにしちゃってもいいんじゃないかと思うんですよね。

次に検査を請け負っているイーホームズ。記者会見で自分達に過失はないようなことを強調していましたが、姉歯が提出した構造計画書には正式な計算を行った証拠となる認定番号が印字されていなかったり、国交省大臣印付きの認定書添付されていなかったそうです。これが過失でなかったら世の中に過失といものは存在しませんね。この会社も潰しに掛かった方がよさそうですよみなさんw。イーホームズが検査した建築物は耐震性に疑問があるということで気をつけましょう。

最後は情報の公開についてです。なんか最近は個人情報保護の間違った解釈をする人が多くて、危険な情報を流さない傾向がありますね。今回の21棟の建物もまだ全てが明らかにされていません。ちょっと意地悪な考えをすると、自分の住んでいる建物が危険であることをバラされる前に売ってしまおうとか考える輩がでないとも限らないのではないかと思うのです。まぁそんな不届きな輩がでなくても、なにも知らない人が21棟のうちのどこかに入居手続きをしちゃったりしないのだろうか。ホント行政機関ってバカだよなぁ。建築物の情報公開って個人情報じゃないだろ。そうこうしている間に倒壊したらどうすんだろ? 行政機関にとって大切なのは「人命<情報隠蔽」なんだろうなぁ。こいつらも共犯だよ!

| | Comments (212) | TrackBack (1)

偽善な私

先週土曜日に勘違い少年が同級生の女の子を殺すという事件がありました。こんな少年はサッサと死刑にしてしまえという考えは当然なんですが、今回更に腹立たしかったのはニュースやワイドショーのインタビューを受けている近所に住むオッサンです。
このオッサンの話によると「悲鳴や激しい音が30分ほど続いた」と言ってますが、その間、このオッサンは何やってたんでしょうか? 通報するわけでもないし、現場に駆けつけたわけでもありません。何もしなかったくせに何を得意げにインタビューを受けているんでしょうかと思うのだがどうか?
その悲鳴を聞いたときに様子を見に行ったり、通報したりしていればひょっとしたら彼女は助かったかもしれないと思うとなんかイライラしてきます。
実際自分がそういうシチュエーションに置かれた場合にちゃんと行動できるのだろうかと思いつつも、やっぱりTVでインタビューを受けているアイツを見ているとなんかムカついてきてしまうのでした。
オレって偽善者だなぁ・・・。

| | Comments (76) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »