« September 2005 | Main | November 2005 »

敷かれたレール上を走る食品安全委員会

いよいよ米国産牛肉の輸入再開へ向けて動きだしたようです。なんともまぁ、誰が見ても「アメリカ政府&議会→日本政府→食品安全委員会」という圧力がかかっているのはわかりますね。「生後20ヶ月以下ならBSE感染率が非常に低いから安心」なんて言ってますが、実際のところはプリオン専門家曰く「生後20ヶ月以下だとBSEに感染していても、異常プリオンの蓄積量が少ないので感染を発見するのが難しいだけ」ということらしいです。簡単に言うと、生後20ヶ月以下だとBSEに感染していてもわからないということです。米国産牛肉の輸入が再開されたら、産地偽装が日常茶飯事の今日この頃、逆に怖くて牛肉食べられません。きっと吉野家も松屋も行かなくなるだろうなぁ。
まぁなにはともあれ今回の食安委が出すであろう回答は、「食安委がOK出したんだから政府の責任じゃないよ」という口実を日本政府に与えてるだけですな。輸入再開という終着駅が決まっているレール上を食安委が走らされてるだけのように見えます。

| | Comments (148) | TrackBack (0)

圧力外交しかできないアメリカ

ペリー来航以来、日本へは圧力しかかけてこないアメリカですが、先日このような公聴会が開かれました。米国産牛肉の安全性も保障できない・・・というかやろうともしないくせに、早く牛肉の輸入再開しないと制裁しますよと開き直りやがってます。ほんと「バカでマヌケなアメリカ人」ってのはあながち間違いではなさそうです。一昔前の日米自動車貿易摩擦のときにアメリカ人が日本車を叩き壊しているニュースなどを見たことがありますが、なんでこいつらは品質を向上して消費者に選択してもらえるよう努力しようともせずに、低品質を拒否したこちら側を平気でバッシングできるのでしょう? そういえば太平洋戦争中は鬼畜米英なんて言葉がありましたが、アメリカ人は鬼畜というより家畜以下ですねw。ほんとうにアメリカ人=低脳だと実感させられるニュースです。

| | Comments (172) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »